無料ブログはココログ

2013年5月 3日 (金)

香港で金を買いました。

香港では以下のようにして金を買いました。

1.香港の中環へ行く。
  香港の銀行が営業している日時に香港へ行きます。
  香港国際空港からエアポートエクスプレスで終点の香港まで行き、そこから中環まで歩きます。

2.20万円を香港ドルに両替
  自分はHSBC香港に口座を持っているのでHSBC香港本店で両替しました。
  20万円の額の根拠ですが、香港は消費税が無いので非課税で金を買えます。
  しかし、日本へ持ち込む場合、20万円相当までは免税ですが、それを超えると消費税を払う必要があります。
  なので今回は免税の範囲で持ち込める20万円にしました。

3.恒生銀行本店地下2階へ行って購入
  中環にある恒生銀行本店の地下2階で金を買います。
  売っている品物と値段は以下のリンクで確認できるので、(免税の範囲で購入する場合は)2.で両替した金額を超えない組み合わせを検討して下さい。
恒生銀行の金価格 

  この銀行傘下の「ハンセン指数サービス(HSIサービス、恒生服務有限公司)」が香港ハンセン株価指数を算出しているそうです。

自分は「Eagle/Nugget (1 Ounce Troy)」と「God of Wealth (5 Grams) Rectangular」を1つずつ買いました。

正当な手段で購入したことを証明するために香港ドルへ両替した時のレシートと金を購入した時のレシートは保存しておいた方が良いでしょう。

※この記事を書くために恒生銀行のサイトにアクセスしたら、金価格が上昇していてEagle/Nugget の方は自分が買った時の値段よりも銀行の買い取り価格の方が上になっていました。

2012年5月 9日 (水)

SWISSQUOTE銀行に送金できる通貨を調べました

SWISSQUOTE銀行に送金できる通貨を調べました。送金についてのウェブサイトの説明では

"The currency of your choice (CHF, EUR, ...)"

という記述があるので、少なくともスイスフランとユーロは送金できることは分かっていたのですが、"..."が何を表すのかが分かりませんでした。
SWISSQUOTE銀行のカスタマーサービスに問い合わせた所、以下の回答がありました。

「デフォルトでCHF, EUR, USDの口座があるので、もし、これらの通貨の入金が確認された場合はそれぞれの口座に入金されます。CHF, EUR, USD以外の通貨を送金する場合は事前に相談し、CHF, EUR, USDのどれかに入金するようにします」

結論として、
CHF, EUR, USDはそのまま送金できる。
それ以外の通貨を送金する際は事前に相談し、CHF, EUR, USDのいずれかに両替して入金する。
ということでした。

2012年4月26日 (木)

スイス銀行が韓国に乗っ取られた?

SWISSQUOTEからメッセージがあるというメールが来たので、久しぶりにサイトへアクセスしたら、いきなりハングル文字が出て来ました。
Korea


サイトがウイルスに感染したのかな?どうしようかと戸惑っていたら、 こんな画面になりました。
Kora2

単にSWISSQUOTEが韓国特集のビジネス雑誌を発行するだけでした。
年6回の発行で、年間購読料が40CHFだそうです。サンプルを見ましたが、ドイツ語は分からないので内容は分かりませんでした。

(ちなみに上のハングル文字は「大韓民国」と書いてあります)

2012年3月 3日 (土)

HSBC香港の外貨定期預金が満期を迎えました

HSBC香港の外貨定期預金が満期を迎えました。と同時にHSBC香港に口座開設して1年になりました。

外貨定期預金はNZドルと香港ドル(HSBC香港から見たら外貨じゃないけど)です。
香港ドル定期は、Smart Vantageの口座維持に必要な10,000香港ドルの定期なので、元金+利息を再び1年定期にしました。

NZドルの方ですが、1年前に定期を作った時の為替レートが
1NZD=5.7870HKD
だったのですが、今日のレートは
1NZD=6.5050HKD
でした。
NZドル定期の金利は1.1%でしたが、為替差益が12%あったので、NZドルは再び定期にせずに香港ドルに戻しました。

戻した香港ドルはKGI証券に送金し、TRACKER FUND OF HONG KONGを購入しました。

2011年12月23日 (金)

オークションで使われている通貨

クリスティーズで行なわれたピカソの絵のオークションの様子がyoutubeにアップされていました。



100万ドル単位でせり上がって行くのが凄いですが、これを海外投資の視点で見てみました。
この動画の一番最後の部分でオークションが終わった後の落札価格が表示されますが、表示されている通貨は

USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
GBP(英ポンド)
CHF(スイスフラン)
JPY(日本円)
HKD(香港ドル)
RUB(ロシアルーブル)

で、日本人投資家に人気のある豪ドルやニュージーランドドルはありませんでした。
この動画を見て、投資対象通貨を見直そうと思いました。

米ドルはすでにBank of HawaiiとFIRSTRADE証券で投資している。
スイスフランはすでにSWISSQUOTE銀行で投資している。
日本円は給料で入ってくる。
香港ドルはすでにHSBC香港とKGI証券で投資している。

なので、ユーロ、英ポンド、ロシアルーブルを海外現地口座で持つのもいいかなと思いました。これから情報収集してみようと思います。

2011年11月26日 (土)

ティファニーの株を買いました

今日はアメリカのネット証券であるFIRSTRADE証券でティファニー(TIF)の株を買いました。
株主優待で朝御飯に御招待、なんてことはないようです。

FIRSTRADE証券
http://www.firstrade.com/content/en-us/welcome

2011年11月18日 (金)

スイス銀行から電話がありました

今日、自分の携帯電話に発信者番号が「通知不可能」となっている電話がかかってきました。

何だろうと思い電話にでると、何か英語で喋っているので頭を英語モードに切り替えて会話しました。

すると、SWISSQUOTE BANKからの電話でした。内容はだいたいこんな感じでした。
・昨日は投資してくれてありがとう
・1モデル毎に9スイスフランの手数料がかかることは認識しているか?
・何か分からないことは無いか?

たった2,000スイスフランの投資をしただけなのに、わざわざスイスから国際電話をかけてくるなんてスイスの銀行は経営に余裕があるのかなと思いました。

2011年11月15日 (火)

スイス銀行で投資しました

スイス銀行の口座を確認した所、今朝送金したお金が振り込まれているのを確認したので、早速投資しました。
SWISSQUOTE BANKには口座の種類として、TRADING、eFOREX、SAVINGS、ePRIVATE BANKINGの4種類があったのですが、FXはすでに海外口座を持ってるし、プライベートバンクを開設するほどお金は無いなと思い、口座管理料無料で普通預金の利率が高いSAVINGSに口座開設しました。

しかし、この口座、普通預金の利率は高いものの、投資できる対象がスイスに上場しているETFのほんの一部だけで、個別銘柄には投資できません。(TRADING口座はできるようです)
しかし、私はインデックス投資を基本としているので、まあいいかと思いました。

 
ここの投資方法は変わっていて、いくつかのETFの組み合わせたモデルが用意されており、それに投資するというものです。(例えば、スイスバランスモデル、新興国&エネルギーモデル、Defenderモデル等)
モデルは自分でも作ることができるので、私は以下のETFを組み合わせたモデルを作ってそれに投資しました。
・SMI(スイスの平均株価指数)に連動するETF
・SMIM(スイスの中型株平均株価指数)に連動するETF
・スイスの7-15年ものの国債に連動するETF
・スイスの3-7年ものの国債に連動するETF

今回は4つのETFを組み合わせたパッケージを作りましたが、1つだけ選択してもいいみたいです。

 

追記

購入手続きをした時点で約定しなかったのですが、今見たら約定していました。SAVINGS口座の場合、指定した日の終値で約定するようです。

「スイス銀行の俺の口座」に送金しました

FX会社で現受けしたスイスフランがCITIバンクへ送金されたので、スイス銀行の俺の口座に送金しました。
http://www.swissquote.ch/sqweb/index.jsp?l=e

時差のせいか、まだ着金していませんでした。(スイスはまだ朝の5時)
日本時間の今夜にでも再確認し、着金していたら以下のことをしようと思います。
1.スイスのETFに投資する
2.出金できることを確認する

おまけ
「スイス銀行 口座開設」で検索すると、「スイス銀行に口座を持つには億単位の金が必要」みたいな結果が多くあります。しかし、スイスの人が皆大金持ちというわけではないので、庶民向けの銀行があるはずなのにそれについての記述がほとんどありません。
私の口座開設したSWISSQUOTE BANKなら残高0でも口座開設できます(英語、フランス語、イタリア語のどれかが分かればですけど)

2011年11月14日 (月)

【香港投資】香港ドル建ての債券に投資するファンドを買ってみた

日本のCITIバンクの米ドル定期が満期をむかえました。
このまま定期にしても低金利なので、香港へ送金し、ファンドを買うことにしました。

せっかく香港に送金するのだから、香港に投資する株や債券に投資しようと思いましたが、株については香港ハンセン指数に連動するETF「トラッカーファンドオブホンコン」をすでに持っているので、債券に投資することにしました。

そこで、
Schroder ISF Hong Kong Dollar Bond Fund A Acc
という香港ドル建ての債券に投資するファンドを購入しました。香港ドル建ての債券に投資するのは初めてなので、結果が楽しみです。

 

おまけ

CITIバンク→HSBC香港→KGI証券のルートで送金した際、HSBC香港→KGI証券へのBill Paypentがなぜかうまくいかず、3回連続失敗してロックされてしましました。

仕方が無いのでHSBC香港のカスタマーサービスに電話し、ロックを解除してもらい、再挑戦した所、一回でBill Paymentがうまく行きました。どうもHSBC香港のサーバーとセキュリティデバイスの同期がうまくとれていなかったみたいです。

会社にいたのでgoogle voiceもskypeも使えなかったので(会社のインターネットはこれらのサービスの使用は制限されている)携帯電話からHSBC香港に電話したので、通話料が無駄にかかってしまいましたdown

«スイス銀行に口座開設しました。


-為替 FX-